注文住宅とは何か

  • デザインや間取りから設備に至るまで、自分の希望を取り入れた、他に同じもののない一点モノの家、それが本来の注文住宅です。そして、そのような家を建てようと考えるならば、建築家と一緒に家づくりをするのが一番です。
    ただ多くの人にとっては、建築家の選び方から、その費用や手間など、わからないことがたくさんあるのではないでしょうか。そして、もっとも大きな不安は、そうした完全なオーダーメイドの家は、ひどく高価になってしまうのではないか、ということでしょう。
    建築家へ支払うことになる設計監理料は、通常、総工費のおよそ10パーセント程度です。そうなると、その分、他よりも余計に費用がかかるのではないか、と考える人も多いことでしょう。ただ、たとえば大手メーカーの場合であれば、建築費の中に広告費などが含まれているわけですから、純粋な工事費に別の費用がプラスされているという点では同じことです。
    また、大手のメーカーの場合でも、間取りをパターン化したり、部材を大量生産することによってコストを下げているわけですから、少しでも規格からはずれてしまえば、結局価格は跳ね上がってしまいます。
    その点、建築家に依頼をすれば、予算に応じて設計をしますので、バランスをとりながら、それに見合った注文住宅を手に入れることができます。つまり、建築家に依頼すると、すべて高価になるのではなく、希望次第でローコストにもハイコストにもなるのです。
    そうしたことを考えてみると、注文住宅とは何かと言えば、建築家と一緒に建てる家のことであると言っていいでしょう。

    おすすめリンク